製法について

seihou

Vinetta Classicaのコンセプト
「温故知新」

現在、スーパーに並んでいるお酢の多くは「速醸酢」といわれる数時間から1日程度で大量生産されたものです。

ローコストで生産できる反面、滋養成分が乏しく、ツンとした刺すような酸味になってしまいます。

Vinetta Classicaのお酢は日本に古来から伝わる「静置発酵」によって醸造されています。
厳選した原材料を樽に仕込み、発酵、熟成に1年から2年半以上の年月を経て醸造されます。

長い時間と手間ひまが掛かりますが、「静置発酵」によって造り出されたお酢は、素材が持つ滋養成分が滲み出しており、まろやかな酸味を醸し出します。